つわりってどんな感じ? ~②対策、心構え編~

Closeup on tummy of pregnant woman, wearing long green dress, holding in hands bouquet of daisy flow

You are doing a great job with all your body and heart… So take it easy ♥

つわりの概要に続き、つわりを出来るだけ楽にするために私が思いつくことをメモしておこう。個人差も激しいし、日によって体調は激動するし、不安になったり辛くて寂しくて泣いてしまうことも多いと思う。でも、身体の中でもう一人、人間を作成中なのだ!もし、つわりに苦しんでいる方がこれを読んで下さっている場合は、ぜひ、そのことを素晴らしいこと、美しいことだと思って、辛い時はエコー写真など握りしめて、つわりの時期を乗り切って欲しいと思う。道を歩いているおじさんも、お店のお姉さんも、駅で会った小さい子も、みんなこの世に生まれて来た人達なのだ。生まれて来たということは、1人1人にお母さんがいて、そのお母さんたちはみんな、つわりを多かれ少なかれ経験して、さらに産む苦しみを経て、この世に小さな命を産み出したということを忘れないように…。あなたも、きっと乗り越えられます!

 

肉体編

  • 空腹にしない。吐いてもいいから食べる、くらいの気持ちで、少しずつ、食べたいと思えそうなものを探しながら、食べ続ける。1時間おきでも、3時間おきでも、夜中でも、朝起きてすぐでも、ベッドの中でも、車の中でも。食べる時間じゃないとか、場所が適切でないとかいう常識は妊婦には通用しないと思って開き直る。
  • 水分も比較的摂れる日と、水すらまずいと感じる日があるが、できるだけ少量ずつ飲むこと。飲んでも気分が良くなるとは限らないが、飲まないと絶対全身の状態が悪化するため。
  • 2,3日一切食べなくても何か飲めれば死なないが、半日以上何も飲めないとか、飲んでも全部吐いてしまうとかの状態になったら、すぐに点滴してもらいに受診すること。尿量が減って膀胱炎の兆しが見えた時も同じく受診すること。

 

メンタル編

  • 徹底的にわがままに徹する。日頃我慢したり、取り繕ったりしがちな女性は特に、出産や育児に絶対必要な開き直りや覚悟を身に着けるためにも、この機会に言いたいことを言い、食べたいものを食べ、やりたくないことをやめること。いかに誠実に、素直に周囲に助けを求めるかの練習にもなる。
  • 苦しい時は苦しいと言う。泣きたくなったら我慢せずに泣く。吐きたくなったら我慢せずに吐く。自分に「辛いねえ。よくがんばってるねえ。」と言い聞かせ続ける。出るものは出し、欲しいものは入れる。命は、エネルギーや物質の出入りから生まれるものだから!
  • 自分のありのままの心身の状態を、「これでいいんだ。」と受け止める。具合悪くてもまあいいか…赤ちゃんが元気ならいいや、ときっと思えるようになる日が来るから…。
  • 赤ちゃんのことを心配しすぎない。つわりの時期は自分の具合悪さに徹する。赤ちゃんが苦しいのでは…とか、食べられないから赤ちゃんが栄養不足になるのでは…とかの心配は要らない。妊娠できるという時点で、母体の中にはつわりで痩せても胎児を養うだけの力が備わっているので、肉体の神秘を信頼して良し。
  • 何でも徹底的に悩みたいだけ悩む。どんなにバカらしいと思えるトピックでも、しっかり自分で納得がいくまで悩み抜くまたとないチャンスが、つわり期だと思う。夫婦間の不満やわだかまり、家族親戚のこと、子供の将来のこと、仕事のこと、体型や性格についてのコンプレックス等々。何でもしっかり悩もう!ただし、悩み抜く時間は何としても確保すること。たとえ仕事を辞めてでも、である。仕事はその気になれば、きっとまたできる。何年後になってもだ。でも、妊娠は今しかできないかもしれないから…。
  • 妊娠する素となった、パートナーと可能な限り親密なコミュニケーションをとる。今まで見せたことのなかった一面を見せる絶好の機会。どうせわかってもらえないとか、こんなことまで言ったら引かれるかもとか、男だし言っても無駄か…とか思わずに、ぜひ可愛らしく、健気に、素直に、身体の状態や不安な気持ち、助けて欲しいことについて伝えること。ここで意思の疎通を放棄したり諦めたりすると、赤ちゃんが生まれた後、さらに自分で背負う責任や任務に押しつぶされてパートナーを恨むことになるのは必至なので、吐きながらでも、泣きながらでも、髪の毛べたべたで顔はゲロと涙まみれになっていても、可愛く「辛いよぅ、助けてよぅ、レモネード欲しいよぅ…!」などと訴えること。決め台詞は、「言っときますが、あなたの仕業のおかげで、こんな身体になったのですから。」(笑) ←ここでユーモアセンスを残す余裕を作れるよう、努力しよう!
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s