My thoughts on Earthquakes that are expected to occur in Japan ~To my Dearest Son in the future~

Dear my son in the future,

I want to just leave this writing to let you know the true reason why and how your mother met your father, and G-d sent you down to us.

So, why did Mommy leave her excellent job with possibly the greatest bosses and coworkers in Yokohama, where career opportunities were everywhere on hand? Why did Mommy move to the coldest town in Hokkaido with less than 4000 residents? And then came all the way down to Kyushu, where the wages and the work conditions are the worst in Japan?
That’s because Mommy thought that it would be wiser to run away while she could, so she wouldn’t have to mourn and groan for the rest of her life in case something bad had actually happened, just in case.

Mommy took a refuge to this small city where she met Daddy. And this is a place so full of, and stuck with the old-minded people, information and sense of value. Mommy still feels like one of those Heike fugitives here in Kyushu. But Mommy was blessed with the meeting with Daddy, who was so kind and loves Mommy unconditionally, and G-d blessed us with the new life; You.
Mommy sometimes finds herself preparing her mind for the probably soon-coming disaster of mega-earthquakes that would force Japan to just go “out of order” as a country, as she watches your face in the morning, sleeping just like an angel.

Mommy used to live in Sendai, Miyagi, and often visited the lowest mountain in Japan. There was a stable with some really cute horses nearby, and Mommy loved going to watch and touch them at weekends. (Though she couldn’t ride them!)
Once, Mommy’s parents considered buying a house there, but the local real estate company staff told us that it was possible for that area to be washed away by Tsunami altogether in case a big earthquake occurred.

That was in 2006, when Mommy just got back from the UK. And it was five years before the Great East Japan Earthquake. Mommy’s parents took that advice seriously, and decided to buy a house elsewhere. It was a common recognition among the people who lived in Miyagi (and probably Tohoku), that soon the big earthquake was to come. That area was, in fact, washed away by Tsunami in 11th of March, 2011. Mommy’s heart still breaks when she thinks of what had happened to those cute cheerful horses…

Also, Mommy spent four years of her University life in Shizuoka. Every night before going to bed, she checked a pair of trainers and a rucksack packed with emergency items were put right beside her bed, and simulated the shortest and the fastest evacuation route to the mountain behind that was covered by bamboo trees in her mind. That should have taken no more than five minutes to climb up there, and she often actually ran that route for exercise. Shizuoka is supposed to have Tokai Earthquake anytime now. But it has been twenty years and still it hasn’t occurred yet. Creepy.

However, earthquakes can’t just disappear by time. The energy is accumulated, and the plate is strained with greater force, thus causing the next eruption of energy to be greater. G-d forbid, but the later the Tokai Earthquake comes, the greater the damages could be.

If the worst happens, the Tokai, Tonankai, and Nankai Earthquakes would be all joined together, which could lead to another big earthquake that occurs right under Tokyo area. This nightmare scenario may even trigger the Mt. Fuji’s volcanic eruption, which is what we know from the past data, unfortunately going to be the likely case. Plus the explosion of nuclear power plants? Oh no, we don’t want that, ever… But the damages are inevitable from Kanto to Shikoku areas on the Pacific Ocean side, where the main artery of Japan’s industry is. Tokyo, Osaka and even Kochi would be devastated and totally paralysed.

So, are Hokkaido and Kyushu safe? Unfortunately, not having direct damages from the quakes, fires and radioactive leak doesn’t mean we can escape the nightmare of central Japan mega earthquakes. It would  destroy the logistics, which means the movement of medical items, food supplies and people are all affected. The whole country will be “out of order”. Remember, airports and ports will be congested like never before, and we can’t rely on Yamato, Sagawa and Yubinkyoku anymore in such cases.

Mommy had hard time in Hokkaido and Kyushu since 2012, after she left Yokohama and everything she loved and treasured.
Yet, she doesn’t want to live in that beautiful seaside in Kanagawa where she spent her childhood and one of the happiest time of her life.
Mommy can’t just think, “When I have to die, I will just die! It’s not hard to die! Let’s live happily until the Earthquake actually comes!”
You know Mommy’s personality, right? She just can’t give up so instantly.
And if she lost all her family members and she survived… I don’t think that she could live until the death ceases her pain naturally.

Mommy respects the strong people who can say that they want to enjoy their life just until the Earthquake actually takes place in those shiny beautiful cities of Kanto and even Kansai. Mommy is confident that she is not strong enough to live on her own after losing family members and then keep fighting with and suing the nuclear power plant or the Japanese government.

What are those people who lost their families in Tohoku doing now?
And how are the Hibakushas, the victims of the atomic bombs of Hiroshima and Nagasaki still suffering today carrying their mental and physical damages from the past?
Mommy has met and seen and talked and felt so many people’s suffering in many different places.
Life is hard.
And Mommy doesn’t have much more capacity left to bear extra pain in life from now on.
If Mommy can do anything, even something small, to reduce the risk of losing her loved ones, she will do her best. That’s all. Even if that meant she had to leave her dream job and money and place she loved so much.

That’s why Mommy is still alive here in this poor land, building and protecting small happiness each day, loving you and your Daddy.
She doesn’t want to go back to her rich shiny city life of Yokohama.
Of course, she feels nostalgic about it all at times though…
Mommy chose the place to live by herself before she was forced to choose by natural disaster.
And you know, sometimes the life gets ironic, and life can be taken away so instantly from a joke-like reason.
But if such case was her gift from G-d, she would take it with gratitude.
For her, trying her best to avoid or mitigate the damages she could imagine was the most important issue.

Today’s Mommy doesn’t possess the money, stylish dresses from favourite brands, a job that provides her great motivation and satisfaction with  business trips and time off for a vacance in Europe every year.

Instead, Mommy is now blessed with your angelic face, sleeping next to her as she wakes up in the morning.
You are the greatest gift from G-d.
Hashem did not only give Mommy some painful lessons, but You, such a beautiful gift.

Life is a mystery, and that’s why it is so interesting.

What’s gonna be next?
Mommy’s life with you is scary at times, but full of excitement and happiness too.
Spend each day with Mommy and Daddy.
Mommy loves you, forever, and ever.

Advertisements

震災についての考え方・生き方 ~未来の我が子へ… あなたが生まれた本当の理由~

未来の我が子へ伝えたいこと。
それはどのようにして私が夫に出会い、彼がこの世に生まれてきたかということ。

散り散りな思いを、言葉が出てくるままに書いて残しておこう。

なぜママは、横浜でのキラキラライフと素晴らしいキャリアを築く機会を保障されていた職を投げ打ってまで、誰も知らない人口4000人に満たない北の地や、最低賃金・労働環境日本ワースト1位の九州などに移り住んだのか? それは、逃げられるうちに逃げた方が、後で後悔しないはずだ、と考えたから。

日本の末端、人も情報も価値観も古いスタイルで凝り固まった、大変生きづらい九州の地に、平家の落人のように逃れて来て、ママはひとりの優しい男の人と出会い、神様の御恵みにより、あなたという新しい命に恵まれた。 いつか、日本という国が全面閉店せざるを得ない大規模な震災とそれに続く大きな困難が起きるのだろうなと心の奥で覚悟しながら、あなたの寝顔を見つめているよ。

ママが前、仙台に住んでいた時、今は津波で失われてしまった日本一低い山の近くに、かわいいお馬さんがたくさんいて、よく遊びに行っていた。 その近くにママの両親が家を買おうかと考えたことがあったのだけれど、その地の不動産屋さんが、ここはそのうちくると言われている地震が来たら津波で全部持ってかれちゃいますよ、と教えてくれた。

それはママがイギリスから帰国した2006年頃のこと。 今から数えれば2011年の震災が襲う5年前だった。ママの両親はそれもそうだな、と思い直し、その土地で家を買わなかった。 昔からあの辺りは大地震が来ると言われていたから。そして実際に2011年の東日本大震災で、その地は津波に流されてしまった。あのお馬さんたちがどうなったのか、今も考えると胸が詰まる。

ママは大学学部時代を静岡で4年間過ごした。だから東海地震を常に念頭に置いて、夜寝る前は運動靴と非常持出かばんを枕元に置き、竹の繁る裏山まで走って5分で登れるよう、いつも身体を鍛え心づもりをして過ごした。 それから20年経った今も、まだ東海地震は起きていない。

しかし地震は起きなければ時間が経つと消えるというものではなくて、歪みが大きくなり、蓄積された圧力は増し、次のエネルギーの放出が起きた時、より大きな地震となるのだ。 だから東海地震が起きるのが遅れれば遅れるほど、起きた時の大惨事ぶりは計り知れない。

東海、東南海、南海地震がまとめて起き、つられて首都直下、さらにそれに誘発される富士山の噴火、各原発から放射性物質の漏出などが起これば、日本の中心である関東から四国へかけての太平洋側は壊滅的な被害を受ける。 東京も大阪も果ては高知もいっぺんに機能麻痺に陥るだろうと思う。

地震や火災、放射能漏れの影響が直接ない北海道や九州は安全かといえばそれはお伽話で、日本の中心がダメになるということは、医療品や食糧、人の流通が全て分断されるということだから、まさに国全体が機能不全に陥るのは想像に難くない。 ヤマトも佐川もゆうびんも何もあったもんじゃない。

それでも漫然と最も被害が大きくなるであろうと考えられる神奈川県の太平洋側などに住もうとは未だに思えない。
死ぬ時は死ぬ!
潔く死ぬだけ!
それまで楽しくキラキラライフ送りたい! と思えないから。

ママは諦めの悪い性格だから、もし生き残ってしまったら一生苦しみ嘆き続けると思うから。

大震災に遭って、潔く死ねる覚悟があるから、キラキラライフ続けるんだ!って言える人は強いなあ、と心から尊敬する。 家族が全員亡くなって、自分ひとり生き残っても平気で残りの人生を過ごせる強さがママにはない。 原発や国に訴訟を起こして一生闘い続ける気力や体力も絶対にない自信がある。

東北で震災に遭った方々が今どうしているか? あるいは原爆の被爆者やその子孫の方々が今もどのようにその苦しみを背負いながら生き続けているのか?
そういうのを色んな地で見てきたママには、これから来るであろう大規模な震災において、強く生き延びる、又は潔く死ぬ自信が、全く湧かないのだよ。

だから、細々と、こんな貧しい地で、何とか小さな幸せを築き、あなたを愛し、パパの存在と優しさを有り難がり、生き延びている。
横浜のキラキラライフに戻りたいとは思わない。
懐かしいなあ…とは思うけれど。
ママは震災によって、強制的に関東を追い出される前に、自分で住む地を選び取ったのだよ。
そうしても、皮肉な理由で人の命が失われることもたくさんあるけれどね。
それはそれで仕方ないと思っている。
とりあえず、ママにとっては来る大震災を何とかして自分にできる限りの力と方法で回避しようとすることが、大事だったんだ。

お金もおしゃれな街も好みのブランドの洋服も、海外出張に行けて毎年ヨーロッパへ息抜きのミニ・ヴァカンスに行けるお仕事も、今のママは持っていない。

そのかわり、目が覚めると隣で天使の寝顔を見せてくれるあなたに恵まれた。
神様からの贈り物。
苦労だけではなく、あなたという贈り物を、神様から戴けたよ。

だからママは、人生は不思議で、興味深いものだなあと思う。

これから、どうなっていくんだろうね。
あなたとの人生は、怖くもあるけど、楽しみもたくさんだよ。
一日一日、楽しく過ごそうね。
ママはあなたを、ずーっと愛しているよ。

まず諦めないね。~母は日本的な「忍耐」を重んじない~

産後うつ。
私の場合、これは産後3日目に訪れた。
激しい哀愁に襲われ、母性本能ガルガル感情丸出しの状態になり、病院でお産のお世話になった助産師さん達に対してすら、「私の大切な息子に触らないで!変な言葉で話しかけないで!」と感じたものだ。

その日は夫が仕事帰りにいそいそとお見舞いに来てくれ、一緒に息子にミルクをあげてから、面会時間が終了しそうな中、乳首が切れて痛かった私のために、病院内の売店に走り、馬油を買って来てくれた。もっと一緒にいたかったけれど、もう時間。病棟の入り口のドアで、「また明日のお昼にね。」と言って手を振った私は、病室のベッドへ戻ると涙がこみあげてきて止まらなかった。

産後3日目、私はまだ母乳の出が軌道に乗っておらず、助産師さんたちがミルクを作ってくれたのでそれを夫と一緒に慣れない手つきで家族控室で息子に飲ませていたのだが、見守っていてくれた助産師さんが、こう言った。

「ほらほら、ちゃんとこうして。あ、吐く。ご主人のワイシャツに吐いたら大変よ。あなた、ほら横着しないで。あなた達ご両親遠方なんでしょ?退院したら大変よ。使えるサービスは何でも利用してやってかないと。」

産後3日目のこの夜まで、夫は息子をまともに抱っこもできていなかった。
やっと家族3人で初めての授乳タイムとなったと嬉しかった私の柔らかな心と、産後でズタズタ・ギシギシの肉体に、この助産師さんの言葉は鋭く突き刺さった。

一生懸命ミルクをあげてたつもりなのに、横着してるように見えたかな?
夫のワイシャツに息子が吐いても、夫は怒りはしないのに、そんな言い方しなくても…。
退院したら大変なのはわかってるよ、でも今そんな言い方しなくても…。

夫が帰り、ベッドで声を殺して泣いていたら、段々声を殺せないほど色々な感情がこみあげてきて、同じ部屋の皆さんに悪いなと思いつつも、もう少女のように泣き始めてしまった。
そこへ検温と血圧計測に来た助産師さんがカーテンを開けて、
「あら、どうしたの?何かあったの?」と優しく声をかけてくれた。
「すみません…色々考えてたら不安になって来てしまって。」
助産師さんは、カーテンを後ろ手に閉めて、話すよう促してくれた。
10分くらいも話しただろうか。これから息子を育てていく上での不安のたけを。
彼女は深くうなずいて、きっと大丈夫、母は強しと言うのはまんざらでもないものよ、と励ましてくれた。それから検温と血圧計測をして、ナースステーションへ帰って行った。
ありがたいと思った。

不安というのは、私が息子を育てていく上で、広い世界を見せてあげたいのに、経済的な理由でそれが叶いそうもないというジレンマだった。インターナショナルスクールに行かせてあげたい。日本の公立学校では全く私の価値観が合わず、子供にとって自分が信頼できないものを与えるわけにはいかないという問題があるから。

今お金がないからといって、はいそうですか、と諦められるほど単純な問題ではない。
私はこの時、さらに別の助産師さん(私とほぼ同世代)と授乳タイムに話す機会があり、今度は産後ブルーな気持ちが落ち着いた状態で、冷静にこのことを話した。

すると、予期していた、極めて日本的というか、保守的なことを彼女は励ましのつもりで言ってくれた。
「まあまあ、そこはやっぱり耐えるしかないんじゃないですか…。みんな我慢しなきゃいけないことはあるのだし、どこへ行っても大変なことはあるし。適当に流して、受け入れて、我慢して…。自分が変わるしかないっていうか?適当に気分転換しながら…」

実はこれはよくある考え方で、平均的日本人で私が今住んでいるような地方都市などになると、これこそが善良な市民のお手本というところだろう。
みんな我慢してるんだから、私も我慢しよう。
従おう。みんなに合わせよう。
何かを変えることなんて自分のようなちっぽけな人間には(特に女性には)できるわけもないのだから、せいぜい適当にへつらったり媚びを売ったりご機嫌を取ったりしながらやるしかない…。

でも、でも、でもね。

私は最初の助産師さんの励ましを取るよ。

産後うつはおよそ1日くらいで解消したけれど、今、愛しい息子が神様から私たち夫婦に授けられて5か月にならんとしている中思うことは…

「ママは諦めないね。何としても、また稼いでどうにかする。日本でよくいう『忍耐』はあまり役に立たないよ。」

なぜなら、このママはね、日本的な『忍耐』にはすこぶる嫌悪感を覚えるから。
一度きりの人生、明るい方へ行こうとできることをすべてやらずに、他にすることはない。
Loving Kindness、愛に満ちた親切心を大切に、この世を少しでも明るくするために、
日々生きるというミッションがあるママの息子は、権力に盲従していれば安心という
保守的で自分の考えのない生き方を植え付けられてしまう日本の公立校へは通わせられない。日本の『忍耐』は日本国内では美徳として評価されがちだけれど、一歩日本を出てしまえば、それは問題の根本を改善する方法を受け入れない後進的で排他的かつ極めて非効率的な姿勢として人々の目に映るのも事実。

狭い世界で忍耐し通し、型にはまることができなかったら「ダメな奴」扱いされてしまうなんて、もったいなすぎる。
それよりは、少々大変なことが降りかかっても、なにくそ!と自分だけのアイディアと智慧で道を切り開いていける人になって欲しい。そしてそうするには日本を出た方が、より選択肢が広がる。もちろん日本を選んでも良いけれど、何というか…。
ママにとってはね、日本は息ができない、狭くて暗くてじめじめした所なんだ…。

いつの日か、私が日本語で書いたこの文章を、息子が読むこともあるだろうか。
果たしてこの文章が読めるだけ漢字を教えるだろうか?

まだまだこれから試行錯誤しながら考えてやっていくつもりだが、ひとまず産後3日目から今に至るまでの重要なトピックに対する気持ちをメモ代わりに書いておいた。

ママは働きたくない!?~心の葛藤~

寝ても覚めても、愛してる…!既にダメママ( ´∀` )💦

ただ今、王子様はお休み中。
この隙を利用して、パソコンの前に座している。

そろそろ、働きたくなってきた。
産後、もうすぐで3か月を迎えんとしている。

仕事を休んだのは妊娠31週の時。そこから現在に至るまで、報酬の発生する仕事はしていないから、5か月ほど無収入状態のわたくし。実際にはお腹が重くてとにかく尋常でないしんどさのため、28週くらいから働くのは難しいと感じていた。働きたいのに体がついていかないジレンマに苦しんで久しいのである。

産休・育休明けの世のお母さんたちは、ビシッと白シャツにスカーフ巻いて、あるいは肉体労働の場合は動きやすいユニフォームを着込んで、産後職場に復帰し、同僚や上司から「おめでとう」と一言言われてからものの3分ほどで、産前産後の一連の大イベント群はまるで存在しなかったかのように「お仕事モード」に心身を切り替え、テキパキと仕事を再開するだろう。

産んだことのない人から見れば、「へーえ、体型もほぼ戻ってるし、妊娠や出産や育児ってのはやっぱ女性にとって自然なことで、ぜんぜんへっちゃらなんだね~え!」である。

しかし。
断じてそんなことはない、と私は言える。
たとえ、とても丈夫で肉体の回復状態もとても良かったとしても、心の中はおそらく砂嵐状態だと思う。
中には、言葉の通じない小さな手のかかる我が子の世話を、大変なだけで楽しいと思えない、という人もいるけれど。
おおかたの母親は、必死で仕事のペースを取り戻し、一生懸命働いた一日の終わりに我が子に会える瞬間、涙が出るほど嬉しく、ほっとし、我が子がどれだけ恋しかったことか驚くほどだろうと思う。実際に、朝出勤前に保育園に子を預ける際、罪悪感にさいなまれるといった話もよく聞く。

私の場合、働きたくはある。
でも我が子と一緒にもいたい。
いや、本当なら働きたくなんかない。
お金が必要だから働きたいのだ。
いや、自分が仕事をすることで世のため人のためになるのも事実だ。
いやいや、私の代わりなんていくらでもいるだろう。
違う、私には私にしかできない仕事をすることが人生における任務なのである。
それにしても我が子を眺めていると一日がこの上なく穏やかに過ぎ去っていく。
1週間前、1か月前、そして生まれた時の写真を見ると、今日とは違うのだ。
我が子の成長はめまぐるしく、「今のこの子」はもう二度と帰ってこないのだ。
それに、乳幼児突然死症候群ときたら恐ろしい…!
やはり眠っている姿も極力見守っていたい…!
etc., etc.,
……………………

といった具合に、エンドレスで頭の中で葛藤が続く。

しかし、仕事をすると、自分が提供した仕事、人生の時間への報酬として、お金がもらえるのだ。だから、私は働きたいと思うのだろう。

比べて母親というのは、超ハードな24時間営業である。
看護から監督、食事・排泄補助、掃除人、料理人、買い出し、子守歌歌い、遊び補助、学習補助、運転手など、そして、そして、そして、ただただ言葉にもならないけれど、「愛すること」をし続ける役であるにも関わらず、一切金銭や金目の物による報酬が発生しない。
人間を命懸けで腹の中で育て、産み、そして育てているのに…!

どこの誰が、手のかかる人の世話を24時間ただでするというのか??

私はぐうたらでダメなところだらけの母親だが、それでも我が子と一緒にいたいし、できるだけ助けてあげたい。
タダでも。
タダなだけではない。G-d forbid, but 万が一我が子に何かあったら、私の苦労が水の泡になる可能性だってあるのに。

お金じゃないんだな。
報酬は、王子様の笑顔なんだな。
この世のものとも思えぬ愛くるしい天使のようなその声で笑い声を立てるのを聴けること。
温かく、柔らかな身体で、小さな手で、必死でしがみついてくる、その貴さ。
はっきり言うが、これはもう、お金に代えられない。
何だか知らんが、とにかく可愛い。
抱き締めたい。
キスしたい。
ずっとずっと、永遠にその瞳の輝きの中に私は生き続けるな、と確信している。
逆に、我が子が悲しそうに泣いていると、私も泣きたくなる。
この先苦しんだりしているのを見るのはとても辛いだろうと思う。

金銭的な報酬なしでする妊娠や出産、育児は、何にも代えがたい貴いものである。
目にも見えず、言葉にも表せず、数値化もできない「愛」によって、私には可能であった。
しかし私は強欲な女性であり、億万長者の妻で働かなくても良いという境遇にいるわけでもない。
だから、ものすごい葛藤を抱えながら、仕事を再開しようかなあと考えている。
決して、暇だから、あるいは我が子といるのが苦痛で退屈だから、ではない。

ちなみに私は在宅勤務だ。
それでも、パソコンの前に座している間は、王子様と一緒にいられないから、恋しい。
大きくなってくれば、危ないことをしていないか見守っていなければならないだろう。
ただでも集中力が必要な仕事柄もあり、今から子を預けずに働き続けることができるのか、心配なのである…。

出産の記録④ 6月12日(火) 午後 ~その瞬間~

12:00 pm
あれれ、生まれそうにない。点滴は増量していっているし、陣痛の頻度も戻ったのに!
何度も内診してもらうが、8.5cmから開かない。そろそろめげそうになってくる。
このお産劇の中で初めて涙がちょっとだけ出た。
この現象は何を意味しているのか?なぜ頸管が赤ちゃんの頭に被ったまま開かないのか?
私は神様に祈った。「ああ、やはり、これは私のせいですね。」と。思い当たる節があったから。
私が妊娠中に、「こんな子、生まれて来ない方がいいんだ!どうせ幸せになんかしてあげられないならいっそのこと…!」などと何度もいけないことを考えたり、叫んだりしたせいで、この子は生まれるのを躊躇しているのではないかと思った。
とても悲しくなって、生まれようとしつつも出て来れずにいる我が子が不憫でならなくなった。
もう出て来てもいいよ。
ママは待ってるよ。
会いたいよ…。
ひどいことたくさん言ってごめんね。
まだ会った事はないけれど、ママはもうすでに、あなたのことを心から愛しているよ。
だから、お願い、もうひどいことは言わないから、勇気を出して出て来て…。
どんな子でもいい。元気ならいいよ。
いや、元気でなかったとしても、ママはあなたのことを自分の命と引き換えにしても会いたいし、
生きて欲しい。
だから、ねえ、お願い…もう出ていらっしゃい…!
ああ、神様、この子と私に、力とお導きをください…!

2:00 pm
9cm開いた!しかし開く速度が遅い。オキシトシンはさらに増量されているのに。陣痛は、なんだか休みがなくなってきたぞ…!?痛みの波が来ると、その後普通は休みがあって、次の波まで休めるのに、休む前にさらに最大級の波が来るようになってしまって恐怖を覚え始める。

3:00 pm
ついに医長のベテラン女医、M先生登場。赤い口紅が素敵な、美しい先生だ。破水して36時間くらい経過し、この時私は発熱していた。38度6分。抗生剤を入れることになる。
「さあ、内診してみましょう!・・・あら、頭ここにあるのに、どうして開かないのかしらねえ!次、いきみが来た時に触るから、教えてね。」
と言われる。
陣痛の痛みがこの時いきみたい気持ちに変わって来ていた。
痛いというより「出したい」。巨大なウンチがそこに降りてきている感じ。
その最中に、先生が指で、膠着状態にあった子宮頸管の前側を、指で数か所、剥くように押してくれた。
これはさすがに痛かった。同時に、無間欠陣痛状態がより激しくなり、落ち着きっぷりを褒められていた私もさすがに、呼吸に集中することさえ難しくなってきた。喘ぐようであった。
M先生は私の旦那様を呼び、説明する。
「はい、ご主人!奥さんは今、新たな段階に突入しましたよ。だからほら、顔が変わったでしょう、陣痛に休みがなくなっちゃってるんです。でももうすぐですよ!頑張りましょうね!」

3:20 pm
かろうじて陣痛がおさまる貴重な合間に、すごい速さで血圧や体温を測ったり、助産師さん達が大勢で私のお世話をしてくれている。私はいよいよ意識が朦朧としてきた。「熱は?39度2分!?はいっ!」などと聞こえる。「はあ、そんな高熱はもう長らく出したことがないなあ…」と思っていると、絶えず聞こえていた胎児の心音が急に遅くなった。私は飛び上がりそうになった。この子が死ぬくらいなら、今すぐ私の腹を切って取り出してくれて構わない、そう叫ぼうと思った時に、助産師さんの声。

文字通り、息も絶え絶えの状態になってしまった私。3:28撮影。

「先生!子宮口全開です!」
「あっ、でも心音が…」
助産師さんたちが一斉にモニターの胎児の心音に注目する。
M先生は静かに胎児の心拍と私の顔色を見守る。みな動作を止め、静かになる。
私は気を送った。
我が子よ。
あと少し。頑張るのです!
ママと一緒に、頑張るのです…!

心音が元通りに戻った。
良かった。さあ、全開となったらゴールは見えたり!

5:00 pm
産瘤ができていると言われる。どんどん下がって来る。赤ちゃんがお腹にいた感覚が、お股のところにいる感じに変わった。 左を向いて横たわり、呼吸に専念。落ち着きを取り戻し、再び冷静さ満点の私。

5:15 pm
気付くとベテラン女医さん、妖怪先生の他、若い綺麗な女医さん、研修医の女医さん、そして助産師さんが7,8人ぞろぞろと分娩台の前に集まって来ている。台もついに、いきみバージョンに変形。
大きなライトが二つ、煌々と私の股間を照らす!(笑)
若い女医さんが、もういきんでいいですよ、次の痛みでいきんでみましょうと言う。
「深呼吸をしてから深く息を吸い込んで、息を止める、そして息を吐く代わりにお臍を見て思い切り肛門に力を入れてね。」
言われた通りにする。いきむ度、どんどん赤ちゃんの頭が回転しながら降りてきている感じがする。
便秘で固い便が出そうになったり引っ込みそうになったりしている時の感触の巨大版という感じ。
そんな感触を逐一実況中継する私に、ベテラン女医さんが言う。
「いやーそれにしてもあなた、ほんっとうに冷静ね!感心するわ!ちょっと見たことないくらい落ち着いてるし、呼吸の仕方もとっても上手よ。さあどんどん下がって来てるわよ、あと少し!」
俄然やる気アップした私。信じられない、もういきんでいいってことは、出そうなんだな?
まあ良い、出なかったら腹を切ってもらって取り出してもらえば良い。
ここまで来たら怖いものはない。
しかし空調が切られていて暑い。
39度2分の発熱中だが、旦那様がうちわであおいでくれる風の当たり具合を自分でコントロールしたくて、うちわを渡してくれと頼み、自分でいきみの合間にあおぐ。
「いや驚いた!いきみながら自分であおぐ人は初めて見たわ…!」
先生や助産師さんたち、そして旦那様も笑顔で応援してくれる。

「暑い!氷の入ったお水が飲みたい!」
そう叫んだ私に、背の高い助産師さんがひとり走って分娩室から出て行き、紙コップに氷とお水を入れて持って来てくれた。有り難かった。お礼を言い、飲みながら、自分であおぎながら、喋りながら、産もうとしている私。(そう、私は口から生まれたのだとよく両親に言われていました…笑)

終始、分娩台の周りを腕組みをしてゆっくり歩きながら、励ましてくれる妖怪先生。
「はい、ゆーっくり大きく深呼吸をして~。固い便を出すように、いきんでー。」
彼の繰り返しの声掛けにもしっかり従った。
とても心強かった。
普段から容易に人を信用せず、権威に盲従することを毛嫌いする私だが、このお産に関しては、全面的にスタッフの皆さんを信頼し、納得しながら分娩に臨んでいたため、先生や助産師さんの言う事にも本当によく従ったと思う。

いきみ始めてから約48分。
股間のデリケートな部分が、まさに便秘で固い便を無理して出す時のように、ピリピリっと裂ける感触がし、私は両手を胸の上に置くように、力を抜いてあとは赤ちゃんが出てくるのにまかせるようにと言われる。
「ええ~、ちょっと、これ以上広がると、お股裂けますけど…いやです~!」
そう訴える私にベテラン女医さんが、
「そうよ、裂けるのよー!いいのよー、もう出るだけよ~。」

そして…、出た。我が子が。思ったよりひどく裂けずに済んだ感じもする。
え、もう出たの?終わり?
私は冷静だった。
ただ、子宮筋腫があったので、子宮がうまく収縮せずに大出血に至る可能性もあると言われていたので、胎盤が出る前後も、少し縫合してもらっている時も、「血は出過ぎてないですか。大丈夫でしょうか、私は。」とビビりながらベテラン女医さんに聞いていた。幸いにも、出血量は普通で、無事分娩は終わったのだった。

~*~
時が止まり、眩しいライトの黄金色の光だけが記憶に残っている何秒かがある。
そして間もなく、出てきた我が子が無事に私の右側に連れて行かれ、きれいにしてもらったり身体の大きさ重さをはかってもらったりしている気配。意外に高くて、少し掠れたような、とってもかわいい泣き声。

まるで去り行く夜の闇をつんざくにわとりの鳴き声のように、この世の全ての悲しみや不幸に対する魔除け効果を持つかのような、元気で清らかな声。
黄金の泣き声。
私の赤ちゃん。

やっと会えたね!!

まだ母乳はもちろん出なかったけれど、生まれた後、できるだけ早く母子は密着するのが良いので、おっぱいを吸わせている様子。

初めて出会った彼なのに、もうずっと前から知っていたみたいな、不思議な既視感と安堵の気持ちがあふれ、彼を横に連れて来てもらい、そっと抱いた。
羊水と血の匂いがした。
私の内臓のようだった。
私とは別の人なはずなのに、私の一部という感じがした。
私の一部のようなのに、崇高で穢れなく、限りなく愛らしく、純粋だった。

39度超えの熱+34時間弱の戦いで食わず寝ずでヘロヘロながら、幸せな表情の私と、心なしか安心したように見える息子。

これが、私と小さな王子様のお産ストーリー。
無事生還出来て、神様に感謝している。

分娩所要時間は33時間4分と母子手帳に記されている。
この時間は、私の人生の中でも最も深い意味を持つものとなった。

出産の記録③ 6月12日(火)午前~膠着戦長引く~

左側手前が陣痛室。奥が分娩室。右側一番奥が私の病室だった。

2:00 am
陣痛の波乗りにもちょっと疲れてきて、眠気が襲うようになる。うとうとするけれど、また3分後には次の痛みで目が覚める。顔も洗いたいし歯磨きもしたい。帝王切開の人はうまくいったかな?とぼうっとした頭で考えていたら、助産師さんが胎盤を持って入って来た。「あっ、胎盤…!帝王切開の方無事ですか?」と聞くと、助産師さんは「はい、無事に生まれましたよ!」と笑顔。我がことのように嬉しくなった。

4:00 am
内診してもらうと、子宮口が8cmから開いておらず、陣痛間隔が2,3分から5分に遠のいてしまっていることが判明。昨夜11時頃まではスピーディーに子宮口が開いていっていたのに、その後なぜ開かなくなってしまったのか?助産師さんたちも内診しながら首をかしげている。
「あれ?ここが…こっちは大丈夫なのに…ほら、ちょっと見てみて。」
「あ、本当だ。なんでだろう?」
私は聞く。
「どうして開いてくれないんでしょう?何か良くないことでも起きてるんでしょうか?」
「うーん、子宮頸管の前側が赤ちゃんの後頭部に被ってしまっていて、剥けて来ないんですよね。後ろ側は開いてるんですよ。赤ちゃんのおでこ側は。」
不思議だ。はてな…。
とにかく陣痛が弱まってきているのは良くない。陣痛促進剤はなるべく使いたくなかった。いわゆる Pitocin, 日本ではオキシトシンという物質名で呼ばれるこの促進剤の投与で過強陣痛を起こし、休む間もない陣痛地獄と発熱状態に陥った挙句、胎児の心拍が弱まり、結局帝王切開で出産という、俗にいう「(痛みと苦しみの)フルコース出産」になったという人の体験談を聞いていたからだ。それに、私の場合は頸管部分が開いてくれなければ陣痛だけ強くさせても、果たして子宮口は開くものなのか?と疑問でもあった。
「えー、促進剤なるべく使いたくないんですよね~…。」
私は助産師さん達に初めてちょっと弱音を吐いた。すると、使用するか否かもお産の進み方次第なので、とりあえず朝から担当の先生たちが来てから診てもらいましょうということになった。旦那様は一旦仮眠を取る事をすすめられ、隣の分娩室のソファで2時間ほど横にならせてもらう。代わりに助産師さんがずっとついていてくれた。陣痛が来る度に、肛門がひっくり返るほどの圧力を感じる。そのたびに「ウンチ出ます!出ちゃいます!」と叫ぶ。助産師さんが手でぐっと肛門部分を服の上から押してくれる。実際、あまりにも便意を感じるので、二度ほどトイレに行き、試してみたが、ものすごく少量しか出ないし、全然すっきりしない。この頃、ここは病院だ、私は赤ちゃんを産もうとしている、だからウンチが出ても赤ちゃんが出てしまっても全然問題ないのだ、と悟りの境地に達したのを印象深く覚えている。また、助産師さん達の肉体労働のすごさに脱帽。私のお産を手伝って下さったたくさんの助産師さん達には、一生、心からの感謝の気持ちしかない。

7:00 am
旦那様が仮眠を終えて戻って来てくれた。陣痛は相変わらず5分おきくらい。さらに不規則になって来た。気が滅入るし歯磨きをさせてもらう。助産師さんがガーグルベイスィンとコップを持って来てくれたが、分娩室内の洗面台で出来ますと言って、陣痛の間を縫うようにしてさっと歯磨きとうがいを終了。
その後、こうなったら重力の助けを借りて、赤ちゃんの頭でグイグイと開いていない部分を押し開けてもらおうと考え、歩く決意をする。分娩台から降り、点滴を従えて新生児室まで歩いて行く。旦那様と助産師さんも一緒だ。廊下でも、新生児室の前でも、陣痛は来る。肛門がひっくり返りそう。先に生まれた先輩赤ちゃん達をちょっと見て、手すりにしがみつき、痛みを乗り越える。
他にも赤ちゃんを見ていた患者さんの家族とおぼしき方々もいたので、「あら、今陣痛ですか?」などと聞かれた。「はい、頑張ります…」と答えたような記憶がうっすらとある。
先に生まれてすやすや眠っている赤ちゃん達がいるということは、この子達のお母さん達はみんな頑張って産み落としたのだ。しかし、私のこの膠着状態…。ちゃんと産めるだろうか?早く生まれて欲しい…!そう強く願ってそそくさと分娩台へ戻った。

10:00 am
いつも健診を担当してくれていた男性医師、Y先生が分娩室に入って来る。ちょっと妖怪のような、面白い先生だったのだが私は好きだった。妊娠中期の健診時に、Y先生に我が子を取り上げてもらうことになるかもしれないし、その際はよろしく、頼りにしていますと言ったら、ちょっと照れ臭そうに、「そうですね。」と言ってくれていた。そのY先生が内診して、
「もう頭すぐそこにあるね。見えてるし。こりゃあ、お尻に来るでしょ!」
しかし例の頸管部分が膠着状態、しかも陣痛も弱まっているため、やはりオキシトシンを点滴しましょうと言われる。
前日昼から何も食べず、寝てもいない私はさすがに弱って来ていた。
こんなヘロヘロで陣痛が強くなったら私は耐えられるのだろうか?
正直に言った。
「不安です…。オキシトシンって、幸せホルモンですよね。私の体内で分泌される天然の物質ですよね…。でもそれ入れて陣痛強くなり過ぎたら怖いです。」
すると妖怪先生、ちゃんと私の気持ちを理解してくれた。
「そうだよ、大丈夫。ちょーっとだけ今の陣痛を早めてあげるだけだよ。そんなに時間かからず子宮口は全開になると思いますよ。」
担当の若くて元気な助産師さんも戻って来て、
「大変でしたね!もう生まれてると思って出勤してきたらまだ生まれてないって聞いてびっくりです。でも、すこーしずつ、開いてますよ!絶対今日中に生まれますから、あと少し頑張りましょうね!」
と笑顔で励ましてくれた。他の日勤の助産師さん達もやって来てくれて、みんなで
「え~!まだ生まれてなかったの~!?昨日はすごくうまく進んでたのに!」
と驚きながらも、口をそろえて、この子の誕生日は絶対今日になるからそこは安心してと太鼓判を押される。心強かった。
過強陣痛等のリスクもあるため、オキシトシン投与には使用に際して患者や家族の「同意書」が必要だ。不安はまだあったが、覚悟を決めた。サインして、昼までに産める気がする、と何となく思った。(←この予感は外れた…!)

11:00 am
オキシトシン点滴開始。陣痛は30分以内に3分おきに戻った。
よーし、昼までに生まれるかな!?と頑張る。

 

出産の記録② 6月11日(月)〜万事好調〜

前夜、眠りについてから4時間ほど経った、6月11日の午前3時半頃。

3:30 am
ふと目が覚めるのとほぼ同時に、軽い尿もれのような感覚があり、破水が来たな、と直感。落ち着いてトイレに行く。排尿の後、チョロチョロと止められない水が出て来る。軽く出血もしている。お腹の中でバチンと音がしていきなり大量に破水するのはちょっと怖いと思っていたので、願ったりかなったり。水は生臭みのあるにおいで、これが噂の羊水かと、興味津々。陣痛も程なくしてやって来るなと覚悟を決めてナプキンをあて、ベッドに戻る。旦那様に報告。二人とも落ち着いて、眠れるうちにもう少し寝ることにする。

5:00 am
浅い眠りの中で、軽い生理痛様の痛みが周期的にやって来る。でもまだ眠り続けられる。

7:00 am
お腹の痛みがはっきりしてきたので間隔をざっくり測り始める。5分だったり、8分だったりとバラバラだが、破水しているので病院へ行ったらそのまま入院なのは確か。しかし気持ちはゆったり構えている。

7:30 am
着替えをして病院へ行く準備。そして電話をする。症状と経過を助産師さんに伝えると、入院の準備をして来て下さいと言われる。着替える前に、パジャマを着た大きなお腹の写真を、姿見の前で撮影。出産は怖いけれど、重くて苦しいお腹を卒業して、ついに未だ見ぬ「彼」に会えると思うと、感慨深くて、同時になんだか寂しいような気持ちになる。

8:30 am
旦那様の運転してくれる車に乗って、お隣さんの紫陽花が梅雨の雨に濡れて咲いているのを今一度ちらっと見て、病院へ出発。破水が段々大量になってくる。途中、旦那様が車を止めて座席にタオルを敷いてくれた。痛みの間隔は数分、長さは1分前後。まだまだ!と思いながら、気分は上々。さあ、出陣だぞ!陣痛の波乗りに出るぞ!と穏やかに意気込む。

9:30 am
病院に到着。車椅子で診察室へ連れて行ってもらい、内診の結果、破水確定。ベテランの女医さん(のちに分娩の際、主に担当して頂くことになる)から、「さぁ~!もう逃げられないわよ!」と言われる。「あはは~、頑張りまっす!」と答える私。そのまま入院となり病棟へ移動。子宮口は2cm程度開いた状態、陣痛は3~5分おきと、狭まってくる。陣痛開始は9時とされた。

10:30 am
病室に荷物を置くが、静かな陣痛室で過ごしますかとすすめられ、移動。朝食べずに来たので、今のうちに何か食べて力をつけなければと思い、旦那様が買って来てくれたサンドウィッチを少々食べる。

サンドウィッチなら食べられるかな。

助産師さん、薬剤師さん、栄養士さんなどがやって来てちょっとした会話をするけれど、陣痛が来る度に「あ、痛い!ちょっと待って下さい…」と会話を中断。皆様慣れていらっしゃって、せかさずに待って下さったのが有難かった。

お昼頃
カレーライスの病院食が運ばれて来るが、陣痛が進んで嘔吐した時のことを考えると、食欲のままに食べる気にはなれず、ほんの数口くらいしか食べられず。オレンジは甘くて美味しかったので完食。私の出産担当の助産師さんが明るい元気な方で、大好きになる。食事の後、陣痛室へ移動。

センサーがずれると陣痛が波形に表れなくなるので、助産師さんにつけなおしてもらう。

午後
段々痛みは強くなってくる。間隔も3分位が続く。ずっとお産を脳内シミュレーションしていた通りに、呼吸に集中。ひとつひとつの陣痛の波を大切に、吐く息に痛みを乗せて、息子氏の下降に愛を込めて協力する気持ちで乗り切っていく。気持ちは極めて落ち着いていて、たくさんの助産師さんたちが「とっても上手に呼吸できてますよ!その調子ですよ~。うまく進めば、日付が変わる前にも生まれるかもね!」と励ましてくれる。

7:00 pm
助産師さん二人に診察してもらう。子宮口は8cm、陣痛間隔は2分。色々な体験談を聞くと子宮口が5cmくらいまで開くのに皆様とても苦労されている印象を受けていたので、8cmも開いていると聞いて俄然やる気が増した。全開である10cmまでがんがん進みましょう!という気持ちで、助産師さんに興味本位で「痛みに耐えかねて叫ぶ人は、今くらいの状況までに既に叫んでますかねえ?」と聞くと、「はい、そりゃもう大騒ぎですよ!Yさんはすごく落ちついてますよ~。」とおだてられる。「多分私は歳だから叫ぶ元気があったら落ち着いて息を吐こうって思うから静かなんでしょうねえ、ははは…」と言うと、「いえいえ、それがYさんよりもご高齢の方でも、叫ぶ方暴れる方、結構多いんですよ…。」とのこと。

夜9時半頃の私

11:00 pm
陣痛室から分娩室に移動。日付が変わってから生まれるだろうなと予感。

11:30 pm
分娩室が慌ただしくなり、誰かが隣の分娩台に産みに来るのかなと思ったら、緊急帝王切開が必要になった方が出たので、ちょっと行ってきます!と助産師さんたちが出て行った。誰かわからないけれど、一緒にこの時を戦っているお母さんと赤ちゃんに心からの応援を送りつつ、私も旦那様に飲み物を飲ませてもらったり、うちわであおいでもらったりと、手伝ってもらいながら、陣痛の波乗りに耐えていた。